本文へジャンプ
HOME 眞久寺の歩み 境内の案内 北海道お遍路 三十六不動尊霊場
立体曼荼羅 金剛力士像 六 角 堂

お祀りしてあるみ仏

年中行事
 曼荼羅には、壇とか道場という意味もあります。
本堂には御本尊を始め、諸仏を祀り、そこで修行をしたり、
菩薩を求め或いは人々を教化する道場でありますから、本堂
そのものを曼荼羅ということができます。本、眞久寺では、
ここに立体両部曼荼羅を安置いたしましたので、
仏の世界を、より身近に感じていただくことができると思います。
是非、心安まる一時を眞久寺の御本堂で
お過ごし下さいますよう、ご案内申しあげます。

 
中台八葉院
仮組み立てが終わり生徒らに公開された彫刻曼荼羅
(阿山町立阿山中体育館で)
鮮やかな色で浮かび上がった立体曼荼羅。
旭川の眞久寺で組み立て作業が進む
(c)真言宗智山派 成田山 眞久寺