ご法要のご案内

  1. ホーム

ご供養(ご法要)のご案内

ご法要のご案内
祥月命日参り(御命日のお参り)・月参り(月命日のお参り)
僧侶がご自宅に伺い、お仏壇の前でお参り致します。
法 事(年回忌法要)
四十九日・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌等
僧侶が寺院・斎場・ご自宅等でお参り致します。
枕経・通夜・葬儀・忌中引(骨上)法要
お電話(0166-22-2241)にてお問い合わせください。

ご祈祷のご案内

参加無料。どなた様でもお参り頂けます。

ご祈祷のご案内
奇数月8日 午後1時より
本 堂 大黒天法要(護摩供法要ではありません。)
主なご利益:開運成就・商売繁盛・金運成就・出世成就・子孫繁栄等
毎月18日 午後1時より
六角堂 如意輪観音護摩供法要
主なご利益:息災延命・当病平癒・良縁成就・安産満足・必勝祈願等
毎月28日 午後1時より
本 堂 不動明王護摩供法要
主なご利益:家内安全・災難消除・除災招福・息災延命等

上記のお願い事は、代表例です。

他のお願い事も御祈願致しますので、詳細は下記をご参照ください。

お願いごと一覧

【心に関すること】

心願成就(しんがんじょうじゅ) 自分の願い事が叶いますように。
良縁成就(りょうえんじょうじゅ) 良きパートナーに巡り合えますように。
願解御礼(がんげおんれい) (願い事が成就した後)願い事を叶えて頂き、ありがとうございます。

【安全に関すること】

家内安全(かないあんぜん) 家族が無事に過ごせますように。
交通安全(こうつうあんぜん) 交通事故や海難事故に遭いませんように。
工事安全(こうじあんぜん) 無事に工事が終わりますように。
身上安全(みのうえあんぜん) 今後の人生が無事でありますように。

【体に関すること】

身体健全(しんたいけんぜん) ずっと健康でありますように。
当病平癒(とうびょうへいゆ) 早く病気や怪我が治りますように。
息災延命(そくさいえんめい) 元気で長生きできますように。
安産満足(あんざんまんぞく) 母子共に無事に出産できますように。

【開運や厄除けに関すること】

開運成就(かいうんじょうじゅ) 運が開けて、物事がうまくいきますように。
疫難消除(やくなんしょうじょ) 様々な災いが消え失せますように。
除災招福(じょさいしょうふく) 災いを消し去り、福を招き入れられますように。
障碍退散(しょうげたいさん) 自分の障害となるものがなくなりますように。
方難消除(ほうなんしょうじょ) 方角による災いが消え失せますように。

【勉学に関すること】

学力向上(がくりょくこうじょう) 学力が向上しますように。
学業成就(がくぎょうじょうじゅ) 研究や論文等が完成できますように。
受験合格(じゅけんごうかく) 志望校に合格できますように。
試験合格(しけんごうかく) 各種試験に合格できますように。
就職成就(しゅうしょくじょうじゅ) 希望の就職先に就職できますように。

【商売に関すること】

商売繁盛(しょうばいはんじょう) お店や会社の商売がうまくいきますように。
事業繁栄(じぎょうはんえい) 様々な事業が成功しますように。
社運隆昌(しゃうんりゅうしょう) 会社の運気が上昇しますように。
五穀豊穣(ごこくほうじょう) (農業の方など)豊作になりますように。
大漁満足(たいりょうまんぞく) (漁業の方など)豊漁になりますように。

お願い事のお申込みについて

種 類 納経料
護摩札(小:30cm) ¥3,000
護摩札(中:40cm) ¥5,000
護摩札(大:45cm) ¥10,000
護摩札(特大:50cm) ¥20,000
振込伝票の見本

ご祈祷の護摩札の郵送を希望される方は、郵便振込でもお申込み頂けます。

法要にてご祈祷した護摩札を、郵送致します。払込取扱票の見本を参考にご記入頂き、法要の3日前までにお振込みください。

なお送料は旭川市内は500円、市外は1,000円です。(複数の護摩札をお申込みの方も、送料は変わりません。)

払込取扱票の見本はこちら

年中行事

1月1日午前0時 元朝大護摩供法要
1月1日午後0時30分(昼) 賀正の鐘(一般の方も鐘を鳴らすことができます。)
1月1日午後1時 修正会大護摩供法要
2月3日午後1時 節分会法要(豆まき・福引き)
3月春分の日午後1時 春季彼岸会法要
4月8日午後1時 花まつり法要(お釈迦様の誕生日)
4月21日午後1時 弘法大師正御影供法要(四国八十八箇所霊場お砂踏み法要)
8月1日~16日 棚経(僧侶が各お檀家様のご自宅へ伺い、お盆のお参りを致します。)
8月16日午後1時 盂蘭盆会お施餓鬼法要
8月16日午後6時30分 灯籠流し(石狩川河川敷にて)
9月秋分の日午後1時 秋季彼岸会法要
12月12日午後1時 中興興教大師報恩講
12月31日午後11時30分 除夜の鐘(一般の方も鐘を鳴らすことができます。)